古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2018-03-21

Top / 店主の日記 / 2018-03-21

Tag: カメラ修理 レンズ清掃 KIRON KIRON 28mmF2.0

KIRON 28mm,F2.0 OMマウント

KIRON,レンズ清掃
KIRON,レンズ清掃

KIRONという聞きなれないレンズの清掃を承りました。普段はカメラメーカー以外のレンズ清掃はお受けしないのですが、当店レピーター様ということもあり、お引き受けすることとしました。OMマウントでF2.0という明るいレンズです。本家オリンパスにもこの明るさのレンズはあるようですが、見たことはありません。普通はF2.8です。絞りでたった一つ分ですが、明るさは倍になります。写りがとても気になります。

調べてみると、このレンズはキノ精密工業という会社が1980年から発売した自社ブランドレンズですが、1989年には写真レンズより撤退してしまい、わずか9年間の生産だったようです。キノ精密工業はアメリカの写真用品会社であるVivitar(ビビター)の交換レンズのサプライヤーでもあり、VivitarにはペンタックスKマウントのカメラ(これは中国のサプライヤー)があったのでVivitarブランドのKマウントのものは多かったのではないかと思います。

オーナーはもちろんOM-1をお持ちで、当店で修理させていただきました。最近流行りのミラーレスカメラにマウントアダプターでフィルム時代のレンズをつけると言った使い方ではないようです。

本品はお預かりしたときからヘリコイドのジャリジャリ感がありました。砂が入ってしまっていることは間違いないのですが、分解し始めて驚きました。どこから入ったのか砂だらけです。全分解し、洗浄、ヘリコイドグリスも塗り直しました。また当店資料としていつもより多めに画像を残しました。



コメント


認証コード(4245)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional