古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2018-03-27

Top / 店主の日記 / 2018-03-27

Tag: カメラ修理 ペンタックス ME Super

コンパクトフィルム一眼レフ(ペンタックスME Super)

カメラ修理・ペンタックスME Super

ペンタックスME Superは1979年に発売されました。それまでの絞り優先のペンタックスMEに押しボタンによるシャッタースピード調整機能を付加し、シャッタースピード優先AEでも使用できる様になった機種です。また、シャッタースピード最高速も1/2000となりました。

このME系統のカメラ(ME,MG,MV-1,ME_Super)は共通した故障がある様で経年変化によってミラーボックスの機構に使われているクッションのゴムブッシュがダメになり、「ミラーが下がらなくなった」とか「巻き上げが出来ず、もちろんシャッターも落ちない」というような症状となります。

この個体はその症状が出ていない状態のカメラでしたが、そうは言っても必ずこの症状が発生すると思われますのでゴムブッシュを交換しました。このゴムブッシュを取り替える作業よりも、実はファインダースクリーンの清掃はやや面倒だと感じています。というのは、ファインダーのLED表示部の隙間にモルトが使われており、経年でボロボロになったそのモルトがきれいに取り切れず、どこからかスクリーンの上に乗ってしまうことがあります。こうなるともう一度バラして掃除しなければなりません。組み立て前にはモルトのカスに気をつけてはいるのですが、このカメラの修理ではこういうことが何度かありました。

オーナーはコンパクト一眼レフファンの様で、このカメラ修理後もペンタックスMXやオリンパスOM-1などの程度の良いものばかりをどこかで入手されては当店で整備をされています。これからも長くお使いいただける様、しっかり整備しました。

画像がいまいちですね。すみません。



コメント


認証コード(1815)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional