古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

memo/2012-09-25

Top / memo / 2012-09-25

Tag: カメラ修理 ミノルタ SR-T101

ミノルタSR-T101

カメラ修理・ミノルタSR-T101

SR-T101のカメラ修理完了。

100万台も売れたこのカメラは1966年より18年間も作られていたと言う。このカメラはその中でも後期型と呼ばれるもの。外観上の違いはシャッターダイヤルのローレット(滑り止めのギザギザ)ぐらいだが、ネジもマイナスネジからプラスネジに変わっている。カメラに限らないが、マイナスネジとの作業性を比べるとプラスネジの発明はすばらしいものだと思う。

SR-T101はTTL上下分割開放測光という測光方式をとっており、ペンタプリズム上側に取付けられた2個のCdSセル(センサー)のために他のカメラに比べトップカバー頭頂部が高くなっている。

この個体は残念なことにこのトップカバー部を大きくぶつけて凹んでいたが、内部にダメージは無く、これからも綺麗な写真を撮り続ける事ができそうである。工業製品が「壊れない」、「壊れても直せる」ことが設計要件だったころの名品だと思う。昨今のカメラは特に高級機でない限り、壊れたら次のカメラに買い直す事が前提だから、修理する事を考えた設計をしていないと言ったら言い過ぎだろうか。安く作るための設計者の努力は否定しないが。。

工房の同機(前期型)、同レンズでの試写はこちら



コメント


認証コード(7319)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional