古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2011-12-13

Top / 店主の日記 / 2011-12-13

Tag: カメラ修理 コニカ C35EF

カメラ修理・コニカC35EF

フェド1のカメラ修理をあっさりあきらめて、そのまま取りかかったのが先日保護した「ピッカリコニカ」です。モルト交換、レンズ清掃、ファインダー清掃で使えるようになるはずです。ついでなのでやっておきます。



カメラ修理・コニカC35EF
外観上の一番の問題はこの電池室周りにある腐食です。幸い、電池室自体は何の問題も無く?? この腐食も塗装面が剥がれているだけです。電池から発生したガスによるものでしょうか。腐食の原因はわかりません。カメラ修理はつや消し黒によるタッチアップをします。



カメラ修理・コニカC35EF
トップカバーを外し、ファインダーのカバーも外してファインダー清掃にかかるところです。ファインダーのカバーは紙製でしたが、ビス2本で止められていました。接着剤の点付けでいいのですが、よくわからない仕様です。
ストロボ部分は画像左側にまとめられています。大型のコンデンサーはアンダーカバー側に配置されていました。高電圧発生のための電子回路の下はストロボ用の電源である単3電池2本の電池ボックスになっていて明快な配置です。



カメラ修理・コニカC35EF
レンズユニットをバラして並べたものです。小さいですがしっかりしてます。流石はヘキサノンレンズ。写りも期待出来ます。



ボディがプラスチック製ということで、ちょっと評価が低いカメラですが、使いやすく、良いカメラだと思います。試写しておく必要がありそうです。



コメント


認証コード(1806)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional