古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2016-12-03

Top / 店主の日記 / 2016-12-03

Tag: カメラ修理 コシナ CT1 Super

OEM(委託生産)のベースカメラ

カメラ修理・コシナCT-1Super

コシナのカメラがカメラ修理にやってきました。おそらく当方ブログ、フォクトレンダーのベッサフレックスTMのカメラ修理の記事をご覧になってのことだと思われます。ベッサフレックスTMもコシナが生産し、販売しているカメラで、このカメラがベースとなっている様です。

その他、このコシナのCTシリーズのカメラのOEMは沢山ある様で、初期のヤシカFXスーパー(このヤシカの機種はその後中国メーカーにOEMとなった様です)、リコーのXR-8もコシナのOEMのようです。またニコンのFM10もその一つです。本機のレンズマウントはペンタックスKマウントで、リコーと同様です。ベッサスレックスはM42マウント、FM10はもちろんニコンFマウントです。

樹脂部品が多いですがそれは軽いということですし、本体はダイキャストで、シャッターもコパル製ですから良いカメラだと思います。見た目もペンタックスKを思い出させる男性ぽいデザインだと思います。

この個体の症状はフィルムカウンター動作せずということで、ベッサフレックスの時と同じ症状でしたのでカメラ修理をお引き受けしました。カメラがこちらに届いてからのチェックではその他にSS1/30,1/15の時にファインダー内露出表示の3点LEDが点灯しないという問題もありました。

フィルムカウンターはフィルム巻き上げをしても全く動きがなく、その理由がわかるのに時間がかかりました。当方にあるFM10も調べてみましたがカウンター部は全く違う機構で参考にはなりません。そもそもカウンターの回り方が本機の時計回りに対してFM10は反時計回りです。随分動きを眺めた上でやっとあるべき部品がないのではないかと気づきました。どう考えてもある部品が必要となるはずです。推測で部品を作ってカメラ修理しました。簡単に書きましたがこの部品製作にも時間がかかりました。

3点LEDの部分不灯はシャッタースピードダイヤル同軸にある接点が軸の摩耗?による偏心で相手側接点から外れてしまうためでした。このカメラは樹脂部品を多用しており経年でへたるのはやむ得ないかもしれません。

当店のペンタックスのレンズつけた画像です。



コメント


認証コード(0059)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional