古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2011-08-06

Top / 店主の日記 / 2011-08-06

Tag: カメラ修理 ペンタックス K2

カメラ修理・ペンタックスK2

せっかくレザー張替というか、ドレスアップカメラの話題でこのブログの雰囲気を変えようとしたのですが、ネタが続きません。ハンドストラップやポーチが提案できないか検討中ですのでもう少しお待ち下さい。

カメラ修理・ペンタックスK2

で、ペンタックスK2のカメラ修理話です。フィルム感度の調節リングが固着して回らない、プリズムに薄い腐食?がある …ぐらいでしょうか。外観は汚れていますが電気回路は問題ないようで、メーターも振れていますし、シャッタースピードも全速良好です。この機種は電子シャッターです。電池を入れないとシャッターは切れますが、ちゃんとしたシャッタースピードにはなりません。

まず、トップカバーを外してプリズムを見てみました。すると、カメラ修理歴があり、モルトで腐食した部分に銀のフィルムテープを貼って補修してしてありました。これはプロの直し方ではないですね。どおりでトップカバーを開ける時、巻上げレバーと巻き戻しノブのカニ目ナットが緩いと思いました。薄く腐食しているように見えたのはこのせいです。モルトでの腐食のままなら、黒い線になって見えるはずです。

こうなるとプリズムは別のと交換するか、再蒸着する、或は見苦しいですが作品には影響しないのでそのままにするしかありません。今回のカメラ修理も甘くなかったですね。ため息ついてどうするか考えることにしました。

カメラ修理・ペンタックスK2
テープを貼って腐食部分の銀蒸着を補修してありました。



コメント


認証コード(9050)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional