古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2011-11-30

Top / 店主の日記 / 2011-11-30

Tag: カメラ修理 コニカ C35

カメラ修理・コニカC35フラッシュマチック

カメラ修理・コニカC35フラッシュマチック

コニカのコンパクトカメラC35です。アクセサリーシューにフラッシュを差し込むとフラッシュモードとなる機種です。機械式プログラムAEで、ファインダー内の指針の位置で露出とシャッタースピードを示します。オリンパス35DCと同じような機能、大きさです。

アンダーカバーの電池フタの周りに波紋のようなシミがあります。嫌な予感がしましたが、やっぱり電池の液漏れの痕で電池ボックスの端子を止めていた樹脂部分が腐食して端子は外れ、当然リード線も腐食していました。こうなるとトップカバー側にまで回り込んでいるリード線を交換しなければなりません。どうせ毛細管現象でリード線の上の方まで腐食していますから。。

トップ、アンダーカバーを外し、前側のレザーを剥がして鏡筒を外し、更にファインダーを外すとやっとリード線が交換出来ます。結構手間がかかります。



コメント


認証コード(6430)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional