古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2016-07-02

Top / 店主の日記 / 2016-07-02

Tag: カメラ修理 フジカ Super FUJICA_6 で,タグを付けられます

スプリングカメラ

カメラ修理・スーパーフジカ6

スプリングカメラとは蛇腹がついている折り畳み式のカメラのことで、フォールディングカメラとも呼ばれるとの事です。前回はマミヤ6をご紹介しましたが、今回はスーパーフジカ6のカメラ修理を承りました。

この手の6×6のカメラは距離計連動式が少なく、唯一マミヤがバックフォーカスというフィルム面を前後に移動させることで距離計連動のピント合わせをしているものの他には見当たりません。ピントは目測か、別途二重像式の距離計をアクセサリーシューに取り付け、その読みとり値でピントリングの目盛りを合わせるといった方法が一般的なようです。機構的に「シャッターユニット+レンズ」がヘリコイドで前後しますからファインダー部までこの動きを伝える方法が工夫されていないカメラがほとんどです。

このスーパーフジカ6はこのシャッタユニットとの距離計連動リンクと大きめのファインダーを備えたものです。距離計のリンク機構はカメラ正面から向かって右側のため、ファインダーを左側、距離計二重像機能を右側にレイアウトしてあり、左目でファインダーをのぞく人にはやや違和感があるかもしれません。二重像も一般的な右から左に寄ってくるタイプではなく左から右に寄ってきます。

トップカバーの造形が凝ってますね。



コメント


認証コード(3077)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional