古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2011-05-14

Top / 店主の日記 / 2011-05-14

Tag: カメラ修理 ペンタックス SP

カメラ修理・ペンタックスSP

ペンタックスSPのカメラ修理を完了しました。もう少しカメラがわかる画像をアップしておきます。レンズは手持ちのスーパータクマー55mm,F1.8で、いわゆる標準レンズです。

側面にあるSWと書かれたノブ(スイッチです)を上に押し上げるとメーターの電源が入ります。

撮影するものに対してシャッタースピードとレンズの絞り値が適切であれば、ファインダー内の右側にあるメーター針が真ん中に位置します。
シャッターボタンを押せば撮影完了と同時にSWノブも元に戻ります。

針がプラス(上)方向かマイナス(下)方向に振れているときはシャッタースピードかレンズの絞り値を変更して針が真ん中に来るようにすれば、適正露出の写真が撮れるようになっています。

レンズはM42マウントともプラクチカスクリューマウントとも呼ばれる、かつて多くのカメラメーカーが採用した規格で、いろいろなメーカーのレンズが使えるのもいいですね。

カメラ修理・ペンタックスSP1 カメラ修理・ペンタックスSP2



コメント


認証コード(8137)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional