古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2011-07-25

Top / 店主の日記 / 2011-07-25

Tag: カメラ修理 ペンタックス MESuper

カメラ修理・ペンタックスME-Superその2

サクッとカメラ修理が終わってしまいました。故障箇所の部品交換、その他各部点検・整備です。外観も清掃するときれいでなかなかいいですね。



カメラ修理・ペンタックスME-Super
まずはトップカバーを外さなくてはいけません。この機種のトップカバーは樹脂製です。軽量化とコストダウンのためでしょうが、やや残念ですね。



カメラ修理・ペンタックスME-Super
あちこちの配線の半田付けを外し、ネジ6本外すと前板とミラーボックスがゴソッと外れます。問題のところが見えています。カメラ修理に掛かります。



カメラ修理・ペンタックスME-Super
終わっちゃいました。ミラーも降りてますよね。前板はゴソッと外れますから、素直にすっとのせれば元に戻ります。



カメラ修理・ペンタックスME-Super
普段はオートで絞り優先、Mの位置でマニュアルにするとシャッタースピードはボタンを押して変えられます。絞りも、シャッタースピードも思いのままになります。画像の上のボタンがシャッタースピードアップ、下がダウンです。シャッタースピードの表示はファインダー内にあり、数字(シャッタースピード)の横のLEDが光っているところが該当スピードとなります。家電のボリュームなどが「つまみ」から「ボタン」に変わったころの典型的なやり方ですね。



カメラ修理・ペンタックスME-Super
工房のテスト用レンズ50mm,F1.7を付けてみました。と、言うかKマウントのレンズはこれしかありません(笑)



カメラ修理・ペンタックスME-Super
最後に大きさの比較のために工房所有の一番でかくて、垢抜けないデザイン(個人感想)のコニカFPと並べてみました。同じ35mmのカメラでレンズも同じ50mmですが、こんなに違います。

店主はそう言いながらこの不細工なコニカFPもお気に入りです。



コメント


認証コード(6506)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional