古いフィルムカメラの修理専門の東京カメラサービス浜松店です。フィルムカメラ初心者にも丁寧な説明します! 静岡県浜松市

店主の日記/2014-05-03

Top / 店主の日記 / 2014-05-03

Tag: カメラ修理 ペンタックス SPF

ペンタックスSPFのカメラ修理

カメラ修理・ペンタックスSPF

隣県のお客様がカメラ修理でお持ち込みになりました。知り合いからもらったものとのことですが、本体と標準レンズ他、交換レンズ2本があり、全部カメラ修理するとのことでお引き受けいたしました。

SPFはベストセラーSPを開放測光としたモデルです。レンズマウントはM42と呼ばれるプラクチカマウントですが、絞り連動レバーが追加されています。また、ユーザーのレンズ資産を活かすため、SP同様の絞込み測光のスイッチもつけられています。SPF発売後もSPは人気があり、このSPFをベースとして絞込み測光としたSPⅡも併売されましたが、開放測光のM42マウントはこのSPFで終了しました。M42マウントが使える高性能機ともいえます。測光はレンズキャップを外せば始まっています。絞りによってファインダー内が暗くなることはありません。SPと比べ、操作の少ない分シャッターチャンスを逃さないことは確かです。

残念ながらこのSPFもプリズムの腐食でした。SP、SPFはプリズム台座のところに使われているクッション兼遮光のモルトが加水分解し、プリズム蒸着面を腐食させ黒い横線となってファインダー内に現れます。撮影には影響がありませんが、見苦しいので中古良品への交換をお勧めしました。その他は電池ボックス錆等のSPFによくあるカメラ修理でした。
シャッタースピードもよく出ていましたが、後幕が走り過ぎ(早い)でしたので先幕とのバランスをとるため調整致しました。



コメント


認証コード(0254)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional